定期預金を見直す?その目的と見直し方法とは?

みなさんは「見直し」という言葉を聞くと、何を連想しますか?おそらくほとんどの方が保険の見直しを連想すると思います。 しかし保険以外でも細目に見直すことでメリットを受けることができるモノがあります。それが定期預金です。 定期預金は一般的に高額の貯蓄をしている人が多いですよね?ただ漠然と貯蓄している人も多いのではないでしょうか? 定期預金の見直しとはリスクのない資産運用だと考えていただければわかりやすいと思います。しかし定期預金の見直しといっても、 いったいどう見直したらいいのか分からない方も多いのではないでしょうか?今回は定期預金の見直し方法について解説します。

 

あなたは定期預金の預け入れをする際に何を基準にして銀行を選びますか?ただ漠然と普通口座を使っているからといった理由だけで選ぶ人も少なくないでしょう。 しかし少しでもお得に貯蓄したいと考える場合、おそらくほとんどの方が金利を基準に選んでいると思います。 しかしここで見落としがちなことがあります。それは金利の変動です。たとえ預け入れたときに金利の高かった銀行でも、 1年後2年後には変動している可能性もあります。この事実を考慮して定期預金を見直すとなると、方法は限られてきますよね? 一つは預入期間を比較的短期に設定し、頻繁に銀行を変えることです。そうすれば金利変動に対応できますよね? もう一つは高金利時の固定金利制の銀行を狙って長期の預け入れ期間を設定することです。長期にわたって安定した高金利を受けることが可能です。

 

[参考]
当サイトで見直し方法を学んだら、こちらは預金金利で有利な銀行一覧を選べます ⇒ 定期預金